薬剤師が転職するときにはどんな求人情報を確認しているのか

薬剤師求人は何をチェックすべきか

薬剤師の求人を探そうといった際に悩んでしまうことが求人情報の見方です。

 

こういった見方は薬剤師の人にとっては慣れていない人が多く、不遇な転職をしてしまうといったこともあります。

 

一体どういったところに注目していけば良いのでしょうか。

 

そんなポイントを見て行きましょう。

 

参考サイト:薬剤師求人チャンネル@薬剤師の求人と転職を応援するサイト

 

まず見ておきたいのがどの程度の病院かといったことです。

 

最近では薬剤師を雇ってくれるところも増えてきていて、大病院もあれば中小の病院、そしてドラッグストアまであります。

 

この病院の規模は大事な点で、大病院であれば平均的に福利厚生が充実しているといったことが多いですが、また下働きから始めなくてはいけなかったりといった場合があります。

 

むしろドラッグストア等の小さな規模であればそれだけ色々としなくてはいけないといったこともありますが、その分学べることが多いのです。

 

給料だけに気をとられずどういったことが学べるのかといったことも押えておきたい点です。

 

また他にもチェックしたい点が勤務時間でしょう。

 

実際、勤務時間はかなり病院によって様々で、大きな不満ともなるものです。

 

この点はしっかりと聞いておかないと転職を失敗させることにもなりますから、特に夜勤については聞いておきましょう。

ドラッグストアの薬剤師の求人も増えましたね。

 

薬剤師と言えば、やはり病院の中の院内処方であったり、あるいは病院の近くの薬局にいるイメージが強いですよね。

 

もちろん新薬の開発などをされている方も多いのでしょうが、自分たちの身近な所でいえばやはりそうなると思います。

 

そんな薬剤師さんですが、最近では色々な所で求人を見かけます。

 

それはハローワークなどの公的な求人もですが、やはり多いのがドラッグストアではないでしょうか。

 

ドラッグストアと言っても、最近では日常品であったり、あるいはお酒などを販売していますので、どちらかというとコンビニに近いような気もします。

 

いや、スーパーといった方が良いのかもしれませんが、そのような所でも求人が見られますね。

 

その待遇はと言えば、一般的な薬局と違いはあるのでしょうか?

 

ちょっとだけ調べてみても良いのですが、ハッキリ言えばあまり違いはないと言えます。

 

これはあくまで給与の話になりますが、あまり違いは感じられません。

 

では何が違うのかと言えば、やはり休日ですね。

 

一般の薬局であれば、週末はお休みなんてこともありますが、ドラッグストアではそれはありません。

 

もちろん可能なことは可能なのでしょうが、お店側から考えるといてほしいですよね。

 

結論を言えば、どちらの仕事が好きかということになると思います。

 

調剤メインか、あるいは接客メインか。

 

人とお話しするのが好きなのであれば、ドラッグストアも良いかもしれませんね。

薬剤師の求人サイトの利用がおすすめ

 

薬剤師の求人を探すなら、薬剤師求人サイトの利用がおすすめです。

 

おすすめの理由は3つあります。

 

1つめは求人情報を探しやすいことです。

 

薬剤師の求人サイトには何百、何千もの求人情報が集まっています。

 

たくさんある中から希望の求人を探すのは大変そうですが、勤務形態、年収、勤務場所などさまざまな条件をしてして求人を探すことができます。

 

こまかく条件してできるので、求人を絞り込むことができてスムーズに探せます。

 

 

2つめはサポートがあることです。

 

自分一人で求人探しをするサイトもありますが、アドバイザーが求人探し、就職までをサポートしてくれる薬剤師の求人サイトが数多くあります。

 

仕事をしながら一人で探すのは大変ですが、アドバイザーに希望条件を伝えれば希望に合った求人を見つけてくれるので、仕事に専念できます。

 

履歴書の書き方、面接の受け方のアドバイスや条件交渉もサポートしてくれます。

 

困ったことがあったら相談にものってくれます。

 

 

3つめは全国の求人を探させることです。

 

新聞の折り込みチラシの求人や駅やコンビニなどに置いてあるフリーペーパーは地域の情報を主に扱っています。

 

薬剤師の求人だけを扱っているわけではないので、薬剤師の求人がのっていないこともあります。

 

薬剤師の求人サイトなら、全国各地の何千もの求人があります。

 

数多くの求人情報があると希望に合ったものが見つけやすいです。